写真アフィリエイト - 写真アフィリエイト

写真を売れるサイトの一覧表


123rf

アフィリエイトが出来ます。報酬の受け取り方法: 小切手、PayPal、Moneybookers/メリットとデメリット: 日本語で利用可能。アクセスが遅い事がある。紹介ボーナスあり。

Fotolia

アフィリエイトが出来ます。【種類】写真、イラスト、動画の販売が可能【登録料】無料【支払い】専属クリエーター、独占コンテンツ、その他と販売実績で報酬率が異なりますが25%〜63%

dreamstime

報酬の受け取り方法: 小切手、PayPal、Moneybookers/メリットとデメリット: エディトリアル写真が公開できる。基本言語が英語。

TAGSTOCK

【種類】写真、イラストの販売が可能【登録料】無料【支払い】70% (2011年からは販売数に応じて50〜70%に変更となる模様

Shutterstock

【種類】写真、動画の販売が可能【登録料】無料【支払い】基本的にダウンロード1点に対し25セントが支払い。報酬が500ドルを超えると1点あたりの支払いが33セントに増加。

iStockphoto

【種類】写真、イラスト、動画、フラッシュ、音源の販売が可能【登録料】無料【支払い】@専属クリエイターとなった場合 40%A非専属の場合 20%コンテンツ販売開始前にサンプルとして3点の作品の提出が必要。

PIXTA

【種類】写真、イラストの販売が可能【登録料】無料【支払い】@専属クリエイターとなった場合 54〜60%A独占コンテンツ販売の場合 40〜50%独占コンテンツ販売の場合 40〜50%※販売数に応じてコミッション率が変わる仕組み

Photolibrary

【種類】写真、イラストの販売が可能【登録料】無料【支払い】販売価格の60%(他のサイトでも販売している場合は50%)が支払われます。販売価格は自分で設定可能

Fotomotoを使って自分のサイトで簡単に写真販売を始めよう!

 

http://www.crunchbase.com/company/fotomoto

サイトのコードに数行加えるだけ。たくさんの画像を掲載するサイトに、

ルック&フィールに合致するように細かな設定をおこなうことも出来る。

そんなことを可能にする出だしアップが登場した。

有るいは実績の有るカメラマンにすさまじく、簡単に写真を販売出来る良いサービスだと言えよう。

写真毎の実績判断を行なえるようにして欲しいと言うことだ。


ソーシャルネットワークやブックマークサイトで共有するための

Fotomotoは印刷費用および支払い処理の費用として、

そのような中、収益化への道を確保することが出来ると言う点で、

これ迄に100件のオーダーが処理されたとのこと。

また販売する写真のサイズ毎の値段を設定することも出来る。

Fotomotoは、従来のマーケットプレイスとは異なったサービスを提供して居る。

写真を掲載して居るサイトに数行のコードを加えると、

他には無いようだ(つまりFotomotoは良いサービスを提供して居ると言うことだ)。

其れにより販売数を増やせると見込んで居る(Fotomoto、

写真家および購入者の双方がマーケットプレイスサービスに

Fotomotoサービスの実装例は

サイトを訪問した人が写真購入のリンクをクリックすると

Fotomotoがサービスを提供し始めたのは3週間ほど前で、

初期ステージ向け融資ファームのAmidzad PartnersおよびDFJより30万ドルを調達して居る。

daily dose of imagenaryサイトやChromasiaに有る

つまり写真販売を始めるにあたって、

おけるアカウントの取得をしなければなら無い。

ShutterFlyやPhotoWorksの元CEOと言う経歴を持つ。

Fotomotoのウィジェットがポップアップして直ちにPayPalを使って購入することが出来る

http://www.crunchbase.com/company/fotomoto

 

月額費用や其れに類するものは一切必要無いと言うことだ。


注文数等の一覧を詳細に表示して、


Tシャツ他での印刷サービスも間もなく提供する予定にしており、

コミッション額を15%として居る。

購入用のリンクをサイトの他の部分にとけ込ませ、

サイト運営者にすさまじくすさまじく意味の有るものと成る。

だけどそのようなサービスに於いては通常、

その著名取締役とはAndy L. Woodで、

(クレジットカードにも今月中に対応予定)。

写真家の双方の利益が増加する)。

またFotomotoのサイトでも多くの写真を掲載してiStockphoto風のディレクトリから

企業自体は2008年10月い設立され、直ちにシード資金として

このサービスでひとつ望むのは、Fotomotoを利用したい際に閲覧数、

リンクも数週間以内に実装されることになって居る。

ただ数行を加えるだけで自身のサイトから写真の販売を行なえるように成る。

簡単に写真を購入出来るようにもしていく予定だ。

ただしFotomotoのようなサービスは駆け出しカメラマンにすさまじく、

またe-cardとして他の人に送ったり、


あまりに簡単な仕組みであり、他にも同種のサービスが有るだろうとかんがえる人が多いだろう。

尚Fotomotoは、同社の著名取締役も出資する新たなラウンドを計画中だ。


写真家およびサイト運営者は、写真が実際に売れた際にコミッションを支払うことに成る。

現在のところ125人ほどの写真家の27,000毎近くの写真を扱って居る。

写真コンテンツはオンラインでの収益化にかんする議論の俎上にも上がりにくく、

自動的に販売用写真として登録され、かつ「写真購入」のリンクが付加される。

だけど最近登場したFotomotoと同様のサービスは

こうした情報があれば販売実績を上げる為にどのような手を打つべきかがわかるように成る。

Fotomotoに支払うコミッションは印刷費用および最初に設定する写真の値段により変動する。

もちろん写真家の写真を他のウェブサイトで販売する方法はたくさん有る。

Fotomotoは現在の印刷サービスに加えて絵はがき、